相談事例

住宅を購入したいのですが、どの位までの物件ならば大丈夫でしょか。

①今後の予定によって変わってきます。
まずは今後のライフプランを検討してみましょう。将来の予定が多いほど現実的になってきます。
②今後のライフプランに対して、住宅購入後の家計の収支状況、及び預貯金状況の確認です。
③その結果、○○万円までの住宅ローンが大丈夫そうなので、○○万円までの物件ならば大丈夫でしょう。

50歳なのですが老後資金をどのように貯めたら良いでしょうか。また、いくらぐらい貯めないとならないですか。

①老後資金の準備の仕方は、経済情勢、年齢、貯める目標額により変わってきます。まずは老後の生活を考えましょう。老後はどんなことをして過ごしたいですか。
そのためには毎月いくらぐらいあれば生活できると思いますか。老後の生活資金を想定してみましょう。
②老後の生活資金が想定できたら、収入には何があるのか考えましょう。
退職金、年金、年金保険等
③総支出から総収入を引くと○○円が不足します。そのお金は現状の0%に等しい金利で貯めることは難しそうです。そうすると外貨建年金保険や投資信託などで少しでも利息を付けないとなりません。
ただし、現在50歳ですので、リタイアまで時間がないためリスクの大きいものは避けたほうがいいです。

結婚する予定です。住宅購入や教育資金など今後のライフプラン、及びお金の貯め方についてアドバイスがほしい。

①将来の予定を考え書き出してみましょう。
子供は何人ほしいですか。
学校はどこから私立に行かせたいですか。
子供の習い事などは何かご希望がありますか。
住宅購入時期はいつ頃にしますか。
車購入はどうしますか。
老後はどこで暮らしたいですか。また、どんな暮らしがしたいですか。
②二人で検討したライフプランに対して、いつまでにいくら貯めないとならないのかを検討しましょう。また、どのように貯めたらいいのかを検討していきましょう。

現在戸建に住んでいるのですが、60歳になり駅に近くて便利で、段差も少なく、防犯上も安全なマンションに住み替えたいのですが、住宅ローンは組めるでしょうか。

現在の戸建の売却資金と預貯金があるので、住宅ローンは組めるでしょう。
また、住み替えをした後の生活についても心配はありません。

親が亡くなったときに相続税がどのくらいかかるか心配です。どのくらいかかるのでしょうか。また、相続財産が主に不動産しかなく遺産分割についても相談がしたいです。

①まず相続税がどのくらいかかるのかについては、現在の財産を調べて計算してみないとわかりません。
相続税の計算については、税理士法があり税理士しか計算ができません。提携の税理士をご紹介いたします。まずは計算をしてみましょう。
②相続税がかかるようであれば、節税対策の検討をしましょう。
また、遺産分割についても争いにならないように検討していきましょう。

<保険相談・住宅ローン相談・資産運用相談を行っている主なエリア>

茅場町、門前仲町、木場、東陽町、南砂町、西葛西、葛西、浦安、南行徳、行徳、妙典、原木中山、西船橋、下総中山、本八幡、市川、船橋、新浦安、舞浜、葛西臨海公園

お電話はこちら
東京本社:03-3523-2855
浦安オフィス:047-352-7581


お問い合わせはこちら